腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

世界中の時間がひと目で分かるワールドタイムの腕時計5選

f:id:martybear:20180810232125j:plain

2018年のバーゼルワールドでは、いくつかのGMT機能を搭載した時計がリリースされ話題になりました。GMTは、基本的にホームタイムとローカルタイムの2つの地域の時間を表示することができる時計で非常に便利ですが、これだけでは十分でない人もいるかもしれません。例えば、ハワイのビーチで休暇を楽しみながら東京のオフィスに電話をしなければならない、さらにヨーロッパの市場がもう終了しているのか確認したいなんていうまさに世界を股にかけるような人です。

今回は、以下の海外記事を参考にワールドタイムの機能を搭載した時計を5本ご紹介します。
Spectacular World Time Watches: At Home Around The Globe

ヴァシュロン・コンスタンタン - オーヴァーシーズワールドタイム

ヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズワールドタイム

ヴァシュロン・コンスタンタンのOverseas World Time (オーヴァーシーズワールドタイム)は、世界中の37都市の時間がひと目で分かる時計です。文字盤の中央には北半球がデザインされておりシルバーの明るい面が昼をグレーの暗い面が夜を表し瞬時に判断できるように設計されています。ブレスレットとストラップを簡単に交換ができ、43.5mmのステンレススチールケースで150mの防水性能があります。また、非常に厳しい精度検査規格であるジュネーブシールを取得したモデルです。

ショパール - L.U.C. タイムトラベラーワン

ショパール L.U.C. タイムトラベラーワン

ショパールからは、クラシカルなデザインが美しいL.U.C Time Traveler One (L.U.C. タイムトラベラーワン)です。42mmのケースには、2つの大きめのリューズが付いており2時位置のリューズで主要タイムゾーンの日付と時間の調整を4時位置のリューズで都市名の書かれたディスクを調整します。文字盤上には、一番外側から世界24の都市名が表示されたディスクがあり、その次に24時間表示のディスクが搭載されています。ムーブメントは、自社製のCalibre L.U.C 01.05-Lでsらにクロノメーター認定も受けています。

ジャガー・ルクルト - ポラリス・クロノグラフWT

ジャガー・ルクルト ポラリス・クロノグラフWT

ジャガー・ルクルトからは、ワールドタイム機能に加えてクロノグラフも搭載したpolaris Chronograph WT (ポラリス・クロノグラフWT)です。さすがに2つの機構を搭載しているだけあって44mmの大型のケースですが、チタン製のケースのため快適に着用できるようになっています。100m防水でケース厚を12.5mmに抑えられているためなんとかシャツの袖口の下にも滑り込める大きさです。

モンブラン - ヘリテイジ スピリット オルビス テラルム

モンブラン ヘリテイジ スピリット オルビス テラルム

モンブランのHeritage Spirit Orbis Terrarum(ヘリテイジ スピリット オルビス テラルム)の名称のオルビスとテラルムは、それぞれラテン語で「地球」と「世界」を意味します。文字盤の中心には、あざやかな青い地球が配置され41mmのステンレススチールケースに細身のベゼルが特徴的です。24のタイムゾーンを表示することができ昼夜を直感的に判別できるようになっています。

ジラール・ペルゴ - 1966 WW.TC

ジラール・ペルゴ 1966 WW.TC

ジラール・ペルゴからは、自社ムーブメントGP03300を搭載した1966 WW.TCです。デザインは、ワールドタイムながらクリーンでシンプルな印象を受けます。着用感の良い40mmのケースでリーフ針が特徴的です。スモールセコンドは青焼きになっており時分針とのコントラストが楽しめます。左側のリューズを操作することで文字盤に表示されている24都市を動かすことが出来ます。リューズは左右ともにねじ込み式になっているため誤って触れてしまったとしても動かないようになっています。

 あわせて読みたい

www.thewatchblog.net