腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

ブライトリング アビエーター8 カーチス ウォーホーク コレクション、バーゼルワールド2019新作

ブライトリング カーチス ウォーホーク コレクション

ブライトリングが2019年新作としてブライトリング アビエーター8 カーチス ウォーホーク コレクションを発表しました。

新作コレクションには、3つのモデルが登場しました。

一点、ブライトリング カーチス ウォーホーク コレクションの紹介に入る前にブランドのモデルラインについて知っておくべきことがあります。

それは、これまでのナビタイマー アビエーター8というライン名から「ナビタイマー」が取り去らわれアビエーター8のみの名称に置き換えられることが正式となりました。

すでに販売中のナビタイマーアビエーター8がありますが、今後置き換わっていくものと思われます。

ブライトリングとカーチス・ライト社

 

 

カーチス P-40 ウォーホーク

出典: United States Air Force

今回のコラボレーションについて、ブライトリングのCEOであるジョージ・カーン氏は、以下のように述べています。

カーチス・ライト社がP-40ウォーホークを製造していた頃、ブライトリングと社内のスペシャルチームであるユイット・アビエーション部門は、英国王立空軍(RAF)などの空軍向け航空機用オンボード計器を製造していました。このパートナーシップとこれらの素晴らしい新作モデルは、ブライトリングにとって航空分野の遺産の重要さを再確認するモデルと言えます

ブライトリングのジョージ・カーンCEO

つまり、ブライトリングとカーチス・ライト社とのパートナーシップを記念し、同社が製造していたP-40戦闘機へのオマージュウォッチをリリースしたということです。

P-40ウォーホークは、カーチス・ライト社が1938年から1944年にかけて製造していた第二次世界大戦の伝説的なアメリカの一人乗り戦闘機です。

性能的には平凡な機体だったものの実用性が高く量産体制が整っていたため劣勢だった連合軍の大戦初期に重要な氏名を担いました。

ブライトリング カーチス ウォーホーク コレクション

新作3モデルは、2つのクロノグラフウォッチと1つの3針ウォッチです。いずれもミリタリーグリーンをベースカラーとした時計です。

ブライトリング アビエーター 8 B01 クロノグラフ 43 カーチスウォーホーク

ブライトリング アビエーター 8 B01 クロノグラフ 43 カーチスウォーホーク

最初の1本は、「ブライトリング アビエーター 8 B01 クロノグラフ 43 カーチスウォーホーク」です。

COSC公認クロノメーターの43mmのステンレススチールケースに自社製キャリバーB01を搭載したクロノグラフウォッチです。

キャリバーB01は、70時間のパワーリザーブを保有します。

文字盤は、ミリタリーグリーンのマットダイヤルで、3時位置の30分積算計は5分毎に赤く塗り分けられてひときわ目を引きますね。

また、回転ベゼルには赤い三角形のポインターがあり、中央のクロノグラフ針も針先が明るく塗られポップに仕上がっています。

時針・分針はブラックのニッケルメッキ加工で文字盤上のアラビア数字はスーパールミノバが塗布されており暗闇での視認性も高めています。

裏返すとトランスパレントバック仕様になっています。裏のサファイアクリスタルには、カーチスの文字とP-40 ウォーホークのイメージがプリントされています。

防水性能は10気圧となります。

ブライトリング アビエーター 8 B01 クロノグラフ 43 カーチスウォーホーク

ブライトリング アビエーター 8 クロノグラフ 43 カーチス ウォーホーク

ブライトリング アビエーター 8 クロノグラフ 43 カーチス ウォーホーク

2本目は、「アビエーター 8 クロノグラフ 43 カーチス ウォーホーク」です。

搭載ムーブメントはETA7750ベースのキャリバー13でパワーリザーブは40時間です。

COSC公認クロノメーターの43mmのステンレススチールケース仕様となります。

上記のB01と同様にこのアビエーター8クロノグラフも、分針、ベゼル、クロノグラフ針に赤いハイライトがあります。

ブライトリングは、自社キャリバーを搭載するクロノグラフは対象的なサブダイヤルを採用し、外部から供給されるクロノグラフムーブメントの場合は、一貫して文字盤の色を使用する特徴があります。今回のモデルも例外ではありません。

また、B01とは異なりこのモデルには日付と曜日表示機能があります。

ケースバックにはカーチスの文字とP-40 ウォーホークのイメージがエングレーブされています。

ブライトリング アビエーター 8 クロノグラフ 43 カーチス ウォーホーク

ブライトリング アビエーター 8 オートマチック 41 カーチス ウォーホーク

ブライトリング アビエーター 8 オートマチック 41 カーチス ウォーホーク

3本目は、「アビエーター 8 オートマチック 41 カーチス ウォーホーク」です。

セリタ製のムーブメントをベースにしており、唯一COSC 認定クロノメーターの41mmのサイズです。

ケースはブラックDLCコーティングが施されたステンレス製で、マットグリーンの文字盤にレッドポインターのついた回転ベゼル、赤く染められた秒針も特徴的です。

ブライトリング アビエーター 8 オートマチック 41 カーチス ウォーホーク

まとめ

ブライトリング アビエーター8 カーチス ウォーホーク コレクションをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

新作のカーチス ウォーホーク コレクションに採用されたミリタリーグリーンは、本当によくあっていると思います。

来月開催されるバーゼルワールド2019で実機の写真が様々なメディアで取り上げられると思います。