腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

婚約指輪のお返しにおすすめの腕時計7選【10万円〜30万円台】

male-engagement-ring
 出典: https://www.gq.com/ Illustration by Guy Field

筆者も所謂アラサーの仲間入りを果たし周りにも結婚する友人が増えてきました。時計好きということが公私共に有名になったため、女性の友人から「婚約指輪のお返しや結納返しにおすすめの時計を教えて!」と聞かれることも多くなってきました。そこで今回は、婚約記念品として腕時計をおすすめする理由とおすすめの腕時計を時計好きの目線でご紹介したいと思います。

婚約指輪のお返しの平均相場と返礼品の品物は?

ブライダル総研が実施した『ゼクシィ結婚トレンド調査2017(首都圏)』によれば、婚約記念品(婚約指輪)のお返しをした人は全体の48%で、約半数の方がお返しをしているようです。

お返しの品物は、「腕時計」が44%で最も高く、次いで「スーツ」の15%と続きます。その他には、「財布」や「カバン」、「靴」といったものもあげられていました。

返礼品の費用は、「10万円未満」が39%で最も多く、次に「10~20万円未満」が33%、「20~30万円未満」が17%と続いています。「半返し」といって婚約指輪の半額程度の品物を贈るのが一般的なんだとか。平均の費用は15万円で大体10万円〜30万円程度が目安となりそうですね。

婚約指輪のお返しに腕時計がおすすめな3つの理由

 

ayuさん(@ayu_wd_0512)がシェアした投稿 -

ふたりの時を刻むという意味を込められるから

腕時計は、ご存知の通り時間を刻むもの。これから結婚し二人の時間を一緒に刻んでいくという意味を込めれば思い出の品になりますしより絆も深まるかもしれませんね。

いつでも身に着けられるから

そんな「ふたりの時を刻む」という意味を込められた腕時計は、もちろんいつでも身に着けることができるアイテムです。特に男性が身につけられる装飾品といえば職業にもよりますが、結婚指輪と腕時計の2つということも多いですよね。仕事中はもちろんプライベートでも活躍してくれますし、女性は結婚してから婚約指輪をお出かけの際やフォーマルなシーンで利用するなんていう話も聞きますから特別なシーンで一緒にあわせてしていくなんていうのも楽そうです。

定期的なメンテナンスで一生使えるから

腕時計は、定期的なメンテナンスを行えば一生使えるものです。3〜5年に1度のオーバーホールと呼ばれる分解掃除をすることで一生モノというだけでなく将来子供に受け継ぐなんていうこともできます。

ふたりで時を刻んでいくという形として、いつでも身に着けられて一生使える腕時計。時計に目を落とした時に思い出せるのもいいですよね。

婚約指輪のお返しにおすすめの腕時計7選

今回は、正規店価格で10万円〜30万円台の時計をピックアップしてみました。正規店価格で選んだのは、2人の門出を祝う品だから新品が良いと思ったというのと長く時計を使っていく上で正規店のしっかりとしたサービス・サポートが受けられる方がいいからという2点の理由からです。ネットで販売している並行輸入品(海外で買い付けてきた本物)の新品は、通常よりも安い価格で手に入るのでもちろんおすすめです。

※正規店の無いブランドも一部ご紹介しています。
※ブランドによっては価格改定がある場合がありますので最新価格はネットや店頭などでご確認ください。

10万円台

ボール・ウォッチ - エンジニアII マーベライト NM2026C-S6J-BE

f:id:martybear:20180715223740j:plain
出典: https://www.ablogtowatch.com/

Ball Watch(ボール・ウォッチ)は、鉄道時計としての歴史が長いブランドで元はアメリカの時計メーカーでしたが、現在はスイスで製造されています。このエンジニア2マーベライトというモデルで最も特徴的なのは、蛍光塗料の約70倍の明るさを発揮し高い視認性を持つ自発光マイクロガスライトが採用されている点です。上部写真はブルー文字盤ですが、カラーバリーエーションも豊富で他にブラック、グレー、シルバーの4展開です。

正規店価格: 183,600円(税込)

公式サイト: BALL WATCH Engineer II Marvelight

モーリス・ラクロア - アイコン オートマティック

f:id:martybear:20180715225041j:plain
出典: https://monochrome-watches.com/

Maurice Lacroix(モーリス・ラクロア)は、スイスの新興時計ブランドです。比較的新しい時計ブランドですが、エントリークラスの時計からハイエンドモデルまで幅広く扱っています。このアイコン オートマティックは、20万円前後の価格ながら50万円クラスの時計の仕上げが魅力の時計です。

ブレスレットモデルもありますが、そちらは20万円を超えてしまうため今回はこちらの革ベルトモデルをチョイスしてみました。

以前、本ブログで詳しいレビュー記事を書いているので参考にしてみてください。

正規店価格: 194,400円(税込)

公式サイト: AIKON AUTOMATIC | Maurice Lacroix

 

20万円台

ジン - 104.ST.SA.A

f:id:martybear:20180715215934j:plain
出典: https://www.jackroad.co.jp/

Sinn(ジン)は正式名称をジン得時計会社と呼ばれ1961年に創業したドイツの時計ブランドです。パイロット向けの高スペックなミリタリーウォッチが有名で、ご紹介するこちらの104.ST.SA.Aというモデルはパイロット時計のジャンルです。文字盤はアラビア数字で、シンプルな3針(時分秒針のみ)が採用されています。また、日付表示の他に曜日の表示にも対応しています。夜光塗料もミリタリーウォッチらしくしっかりと塗布されているので暗いところでも視認性は抜群です。ミリタリーウォッチなので男らしい時計が好きな方におすすめの一本です。

正規店価格: 220,000円(税込)

公式サイト: 104.ST.SA.A

カルティエ - タンク ソロ LM

f:id:martybear:20180715190536j:plain

女性ならば誰もが憧れるCartier(カルティエ)。宝飾ブランドと侮るなかれ時計作りの歴史も長く評価の高いブランドの一つでこちらのモデルは、2017年に100周年を迎えたタンクシリーズのクオーツ時計です。タンクは、カルティエウォッチを代表するモデルで女性からも人気がありますよね。角型のケースが特徴的できれいめなファッションに非常にあわせやすく逆に革ジャンなどのハードめな服装にもしっかりハマるお洒落な一本です。ベルト交換でいろんなスタイルを楽しめるのもグッド!こちらはメンズサイズですが、将来的にペアウォッチとして使うなんていうのも素敵だと思います。

正規店価格: 291,600円(税込)

公式サイト: WSTA0028 タンク ソロ ウォッチ

タグ・ホイヤー - カレラキャリバー5 WAR211A.BA0782

f:id:martybear:20180715212646j:plain
出典: https://watchclusive.com/

TAG Heuer(タグ・ホイヤー)は、この価格帯で非常に多くのラインナップがあり人気のある時計ブランドです。このカレラキャリバー5は、シンプルでクラシカルなデザインで100m防水あるのでオンオフ気兼ねなく使えるところがポイントです。日付表示機能も付いているので非常に便利です。一度日付表示機能が付いている時計を使いだすと分かるのですが、結構仕事などで役に立つんですよね。こちらステンレスブレスレットなので革ベルトのように傷んでから交換するという手間もないですし、自動巻き時計のエントリー機として最適だと思います。

正規店価格: 291,600円(税込)

公式サイト: Carrera キャリバー5  | WAR211A.BA0782

30万円台

ボーム&メルシエ - クリフトン ボーマティック 10436

f:id:martybear:20180715173559j:plain
出典: https://www.hodinkee.com/

Baume & Mercier(ボーム&メルシエ)は、1830年にスイスのレ・ボワで創業した老舗時計ブランドのひとつです。このクリフトン ボーマティックじゃ、ビジネスシーンや冠婚葬祭などどんなシーンでも使いやすいシンプルで洗練された上品なデザインで人気があります。また最新作は、新たに開発されたムーブメントが特徴です。自動巻時計なのでもちろん使っていれば止まることはありませんし、長時間駆動なので一度ぜんまいを巻き上げれば120時間(5日間)止まること無く使い続けられます。また、耐磁性能が備わっているのでスマホやパソコンなどが発する磁気による時計の狂いを防ぎます。デザイン、品質共におすすめの時計です。

正規店価格: 356,400円(税込)

公式サイト: クリフトン ボーマティック 10436

チューダー(チュードル) - ヘリテージ ブラックベイ 79220B

f:id:martybear:20180715193841j:plain
出典: https://www.ablogtowatch.com/

Tudor(チューダー)はロレックスを普及させるために設立された「ディフュージョンブランド」です。これまで日本には直営店が無かったのでまだまだ時計好き以外からの知名度は低いですが、ロレックスと共通のパーツを使用するなどその高品質な作りは折り紙つきです。以前はロレックスに近いデザインの時計も多かったのですが、最近はチューダー独自のモデルが多くリリースされていることもあり、チューダーというブランド自体に非常に人気が出てきています。おすすめするのは、ダイバーズウォッチの「ブラックベイ」。ロレックスの大人気モデル「サブマリーナー」を受け継ぐ正統派デザインはシンプルでどんなシチュエーションにも対応する万能時計です。非常に高級感があり、スペックとも200m防水のため普段使いはもちろんスキンダイビングでも問題なく使える堅牢さです。革ベルトやナイロン素材のNATOストラップとも相性が良いのでこの時計一本でいろんな表情を楽しめます。

並行輸入価格: 300,000円(税込)〜380,000円(税込)

まとめ

いかがだったでしょうか。このブランド知っている!というものもあれば、初めて聞いたというものもあったかと思います。いいなと思うものが見つかったら嬉しいです。

海外で買い付けてきた並行輸入品の方が新品でより低価格で購入することもできるためそちらの話はまた別途まとめていきます。今後もおすすめの時計が見つかり次第こちらのページは更新していきたいと思います。