腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

リシャール・ミル RM12-01 トゥールビヨン登場

f:id:martybear:20180922222425j:plain

リシャール・ミルは、カーボンTPT®製ケースと受賞歴のあるRM 012 トゥールビヨンを進化させたムーブメントを組み合わせた新しい限定シリーズRM12-01を発表しました。

RM012をルーツに持つ限定の新作ウォッチ

リシャール・ミル RM012トゥールビヨン

リシャール・ミル RM012トゥールビヨン

RM12-01トゥールビヨンには、キャリバーRM012を進化させたキャリバーRM12-01が搭載されています。

RM012トゥールビヨンは、金属の地板と受けの代わりにムーブメントをパイプで支えた世界初の時計(上部写真)で「パイプトゥールビヨン」の愛称で親しまれています。ケースはプラチナ製で、生産本数は世界限定30本のみでした。そのユニークな構造から当時の高級時計業界に大きな衝撃を与え、2007年にはジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリで「金の針賞」を受賞した実績があります。

リシャール・ミル RM12-01 トゥールビヨン

リシャール・ミル RM12-01 トゥールビヨン カーボンとレッドクォーツTPT®
リシャール・ミル RM12-01 トゥールビヨン カーボンとホワイトクォーツTPT®

 

ケースは、ブラックカーボンTPT®、カーボンとレッドクォーツTPT®、カーボンとホワイトクォーツTPT®、そしてカーボンとゴールドTPT®の4種類です。12-01トゥールヨンの軽量ケースは、ケース径39.3mm、ラグからラグ48mm、ケース厚は13.84mmでチタン製クラスプ付きのスポーティなブラックラバーストラップに取り付けられています。

リシャール・ミル RM12-01 トゥールビヨン カーボンとゴールドTPT®

RM12-01は、地板をケースに一体化させた構造となっており、レーシングカーのシャーシとボディを一体化させるモノコック構造からインスパイアされています。このモノコック構造により、剛性と耐衝撃性が強化されており、5000Gを超える重力加速度に耐えることが可能となりました。

この特別なリシャール・ミルRM12-01トゥールビヨンは、限定生産で、アメリカでのみ入手可能となります。販売額は、828,000ドル(日本円で約9,300万円)です。

 

※画像出典は全てリシャール・ミル公式サイトより

仕様

ブランド: Richard Mille (リシャール・ミル)
モデル: RM 12-01 Tourbillon (RM 12-01 トゥールビヨン)
リファレンス番号: RM 12-01
ケースサイズ: ケース径 39.3mm ラグからラグ48mm / 厚さ 13.84mm
ケース素材: ブラックカーボンTPT® / レッドかホワイトのクオーツTPT® / ゴールドとカーボンTPT®
防水性: 50m

ムーブメント

キャリバー: RM 12-01
パワーリザーブ: 70時間
駆動方式: 手巻き
振動数: -
石数: -

価格

定価: $828,000
限定: 各18本 / アメリカ国内のリシャール・ミルブティック

あわせて読みたい

www.thewatchblog.net

www.thewatchblog.net

www.thewatchblog.net