腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読みもの」として紹介していく時計ブログメディアです。

【完売】218万円のApple Watchが97%値下げされ販売される

f:id:martybear:20180417201159j:plain
出典: https://www.macrumors.com/

既に完売していますが、当初200万円超えで販売されていたApple Watchが大幅に値下げされて販売されていたようです。

218万円から7万円に

伊勢丹のオンラインストアで販売されていたApple Watch Series 1(第1世代)の最高級モデルの大幅値下げが話題になっています。

第1世代の中でも"Apple Watch Edition"と呼ばれるシリーズで18Kイエローゴールドとローズゴールドを採用したものでした。このシリーズは最低でも128万円という強気の価格設定でしたが第2世代からはゴールドを使ったものは廃止されています。

f:id:martybear:20180417193330j:plain

上の写真の左がイエローゴールド仕様、右がローズゴールド仕様でどちらも当初2,180,000(税別)で販売されていました。何度かの値下げを経て最終的に70,000円(税別)まで値下げされ完売となったようです。

驚愕の修理代金

f:id:martybear:20180417194707p:plain
出典: https://support.apple.com

Apple Watch Editionの第1世代は、保証対象外の修理サービスの場合はなんと30万以上修理費がかかってしまうようです。

保証対象外修理サービス料金は、以下の場合にかかるようです。

  • Apple Watch の保証期間が切れている。
  • Apple 製品限定保証の保証対象にならない問題がある (たとえば過失や事故による損傷など)。
  • Apple Watch の修理サービスが AppleCare+ for Apple Watch の保証対象外である。

機械式の腕時計も、3〜5年に1度オーバーホール(分解掃除)が必要になりますが、相場でいっても平均で5万円から高くても10万円程度かと思います。

f:id:martybear:20180417200428p:plain
出典: http://www.pp-sphere.com/

上の写真は、最高峰時計ブランド"パテックフィリップ"のオーバーホール料金目安です。30万円の修理代は、複雑機構を搭載したコンプリケーションモデルからですね。

スマートウォッチは時計なのか

昨年末には、Apple Watchの収益が高級腕時計ブランドを抜き、実質腕時計業界No.1になったというニュースも話題になりましたが、スマートウォッチは機能としてそして名前にこそ時計とありますが、やはり時計ではない全くの別の物のような気がしますね。

200万円で買える時計

これからご紹介する時計は、スマートフォンの通知やメッセージの送受信も心拍センサーの機能はありません。教えてくれるのは時間と日付くらいですが、職人のクラフツマンシップが詰まった時計たちです。

オーデマピゲ - ロイヤルオーク 15400ST

 

@watchuloveがシェアした投稿 -

ブランド: Audemars Piguet(オーデマ・ピゲ)
モデル: Royal Oak(ロイヤルオーク)
価格: 1,998,000円(税込)

H.モーザー - エンデバー スモールセコンド

 

Luisさん(@luis6_kch)がシェアした投稿 -

 ブランド: H.Moser & Cie.(H.モーザー)
モデル: Endeavour Small Second(エンデバースモールセコンド)
価格: 1,944,000円(税込)

ヴァシュロン・コンスタンタン - ケ・ド・リル

ブランド: Vacheron Constantin(ヴァシュロン・コンスタンタン)
モデル: Quai de l'lle(ケ・ド・リル)
価格: 1,879,200円(税込)

ブレゲ - マリーン ラージデイト 5817ST 

 

MONTAGNEさん(@montagne_clan)がシェアした投稿 -

ブランド: Breguet(ブレゲ)
モデル: Marine(マリーン)
価格: 1,860,000円(税込))