腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

オメガ スピードマスター HODINKEE 10周年記念限定モデル

HODINKEE Logo

世界的に最も有名な時計メディアの一つであるHODINKEEが今年10周年を迎え、それを記念したオメガの限定モデルが登場しました。

オメガ スピードマスター HODINKEE 10周年記念限定

f:id:martybear:20180906133729j:plain

このスピードマスターは、HODINKEEの10周年を祝した500本限定モデルです。

f:id:martybear:20180906133903j:plain

ケースは、スピードマスターRef.2998と同じ39.7mmで、内部にはオメガの手巻き3レジスタークロノグラフムーブメントであるキャリバー1861が搭載されています。ですが、文字盤と針はこれまでのスピードマスターとは異なります。まず文字盤は、黒ではなくグレーをベースに青のアクセントがあり、目盛りの細かいスケールが特徴です。そしてクロノグラフ針は赤く、先端部分は黄色くなっています。この先端が黄色くなったクロノグラフ針は、1970年代のスピードマスターの一部のモデルに見られる仕様です。文字盤上のインデックスのアラビア数字は、夜光塗料が塗布されており、夜間の視認性を確保しています。また、9時位置のサブダイヤルは、青と黒に塗り分けられておりこれは後述しますが、あるモデルから着想を得ています。

Omega Speedmaster Hodinkee 10th Anniversary Limited Edition Front
Omega Speedmaster Hodinkee 10th Anniversary Limited Edition Back

ベゼルは、1960年代のスピードマスターRef.2998と同様に黒いアルミニウム製で、ケースは薄くクラウンガードはありません。純正で付属するのは、はじめから着けられているNATOストラップの他に、HODINKEEが人気の火付け役となったサイドステッチが特徴的なヴィンテージスタイルのダークグレーのカーフの革ベルトが付属します。

スピードマスターMK40がベースとなった理由

Omega Speedmaster MK40

オメガ スピードマスターMK40

出典: https://www.envoytradingllc.com/

特徴的なデザインであるためスピードマスター好きの方はすぐに気づかれたかもしれませんが、これはスピードマスター40周年記念としてリリースされたオメガ スピードマスターマーク40(上部写真)からインスパイアされたモデルです。なぜこのモデルなのかというと、HODINKEEの創設者のベン・クライマー(Ben Clymer)氏が、祖父から受け継いだ時計でありHODINKEE設立のきっかけとなったモデルだからといいます。

f:id:martybear:20180906214751j:plain

ベン・クライマー氏にとって祖父は憧れであり世界で一番格好いい存在だったといいます。そしてその祖父が所有していた時計がオメガ スピードマスター MK40でした。ベン・クライマー氏が青年時代に祖父を訪れる度に彼が家に帰るまでそのオメガを着けさせてくれたのだそうです。そしてベン・クライマー氏が16歳のころ1週間と長期で過ごした際の帰り際に「持っていきなさい」と言われ彼のものとなったそうです。元々メカ好きだった同氏はそれいらいその時計を着け続けていたとのことです。

Omega Speedmaster Hodinkee 10th Anniversary Limited Edition

10周年記念のための時計を何にするかという話になった際にどのブランドとどういったものにすべきかという議論はなかったといいます。OmegaのCEOであるレイナルド・アッシェリマン(Raynald Aeschlimann)氏は、すでに#SpeedyTuesdayプロジェクトを成功させておりいくつものプラットフォームに馴染みがありました。HODINKEEがただの時計メディアではなく時計愛好家の発展につくしたことを認めており何か特別なことがあれば一緒に進めていくことに同意していたといいます。そのため議論にはならず必然的に本モデルの話が進んだのだそうです。

HODINKEE 10周年記念限定モデル詳細

Omega Speedmaster Hodinkee 10th Anniversary Limited Edition
Omega Speedmaster Hodinkee 10th Anniversary Limited Edition

HODINKEE10周年記念のスピードマスターは、90年代後期から2000年代前期のオメガを連想させるものではありますが、とことんモダンなデザインにこだわって作られました。

Omega Speedmaster Hodinkee 10th Anniversary Limited Edition travel casd
Omega Speedmaster Hodinkee 10th Anniversary Limited Edition Watchbox
Omega Speedmaster Hodinkee 10th Anniversary Limited Edition Watchbox

2本のストラップが付属することを先述しましたが、トラベルケースが付属するスペシャルボックスが提供されます。写真上部左がトラベルケースで、中央にベルト交換用の工具とストラップが付属します。どちらにも"HODINKEE 10th Anniversary"と書かれています。

この時計は、オメガのブティックだけでなくHODINKEEのオンラインショップでも販売されます(既に予約完売)。今年度末に出荷される予定です。

さらなる詳細は公式ページをチェックしてみてください。

Speedmaster HODINKEE 10th Anniversary Limited Edition – HODINKEE Shop

仕様

ブランド: Omega (オメガ)
モデル: Speedmaster HODINKEE 10th Anniversary Limited Edition (スピードマスターHOIDNKEE 10周年記念限定エディション)
リファレンス番号: 311.32.40.30.06.001
ケースサイズ: ケース径 39.7mm / 厚さ 14.37mm
ケース素材: ステンレススチール
防水性: 50m

ムーブメント

キャリバー: Omega 1861
パワーリザーブ: 48時間
駆動方式: 手巻き
振動数: 21,600振動/時
石数: 21石

価格

定価: 6,500ドル
限定: 500本限定

写真出典は、HODINKEE公式サイトとオメガのInstagramアカウントより。