腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

あなたの知らないセイコーにまつわる10のこと

f:id:martybear:20180404110415j:image

有名な海外時計通販サイト「Chrono24」で紹介されていた「あなたの(多分)知らないセイコーにまつわる10のこと」というセイコーのインフォグラフィックをご紹介します。

セイコーの価格帯とChrono24の人気商品

f:id:martybear:20180403221205j:image

セイコーは、機械式時計を100ドル台から460,000ドルまでの価格で生産しています。

Chrono24で売れているトップ5の平均価格

  1. PROSPEX(プロスペックス): 554ドル
  2. Grand Seiko(グランドセイコー): 4,954ドル
  3. Presage(プレザージュ ): 744ドル
  4. Astron(アストロン): 2,188ドル
  5. 5 Sports(5スポーツ/セイコーファイブ): 248ドル

その1: 世界初のミニプリンター

f:id:martybear:20180403221226j:image

セイコーは、1964年東京オリンピックの際に世界初のミニプリンターを開発しました。それが後に同社最大の子会社EPSONとなります。

その2: 有名映画での採用

f:id:martybear:20180403221244j:image

セイコーの時計は、いくつもの有名な映画で使われています。

  • 「エイリアン」
  • 「プレデター」
  • 「アビス」
  • 「地獄の黙示録」
  • 「ジェームズ・ボンド」シリーズのいくつか

その3: 世界初の自動巻クロノグラフ

f:id:martybear:20180403221809j:image

1969年に世界ではじめて自動巻クロノグラフ時計を販売しました(キャリバー6139)。

これは、ゼニス(エルプリメロ )とホイヤー-ブライトリング-ビューレン(キャリバー11)よりも先です。

その4: 世界初のチタンダイバーズ

f:id:martybear:20180403222238j:image

セイコーは、セラミックのカバーとL字形ガスケットを搭載した世界ではじめてのチタン製ダイバーズウォッチ(6159-7010)を1975年に発表しました。

f:id:martybear:20180403232452j:image

出典: https://tokei.blog/?p=8762

最大で600Mまで潜水することが可能です。

その5: クォーツ時計の生産

f:id:martybear:20180403223049j:image

今日セイコーは、他ブランドのために年間1億以上のクォーツムーブメントを生産しています。

その6: セイコーの高級時計

f:id:martybear:20180403223353j:image

セイコーの高級時計には、グランドセイコーとクレドールの2種類が存在します。

グランドセイコーの精度の高さ基準は、スイス時計のクロノメーター基準よりも高いです。

グランドセイコーは、年間でおよそ35,000本の時計を生産しています。

その7: クレドールの時計制作

f:id:martybear:20180403223907j:image

クレドールの時計は、ほとんどがゴールドやプラチナ製で驚くほど高い職人の技が盛り込まれた真の高級時計制作です。

世界のいくつかの最高級マニュファクチュールや独立時計師たちが競合といえます。

その8: 5番目に多く購入されているブランド

f:id:martybear:20180403224507j:image

セイコーは、Chrono24で5番目に多く購入されたブランドです。

  1. Rolex (ロレックス)
  2. Omega (オメガ)
  3. Breitling (ブライトリング)
  4. Tag Heuer (タグホイヤー)
  5. Seiko (セイコー)
  6. Cartier (カルティエ)
  7. IWC 
  8. Longines (ロンジン)
  9. Tudor (チュードル)
  10.  Jaeger-LeCoultre (ジャガールクルト)

その9: セイコーの時計は何度も宇宙に

f:id:martybear:20180403224932j:image

ウイリアム・ポーグ大佐は、1973年のNASAスカイラボの84日間に渡る4つのミッションの際に、6139ムーブメントのセイコークロノグラフを着用し臨みました。

f:id:martybear:20180403232713j:image

出典: http://blog.dreamchrono.com/2013/11/seiko-6139-pogue/

このモデルは、「セイコーポーグ」の名で知られています。

f:id:martybear:20180403232841j:image

出典: https://www.fratellowatches.com/the-seiko-a829-a6019-was-selected-by-astronauts-and-made-it-into-space/

ESA(欧州宇宙機関)の宇宙飛行士は、セイコーのデジタル時計A829-A6019を購入し1980年のスペースシャトルで着用しています。

f:id:martybear:20180403233201j:image

出典: https://www.seiko-watch.co.jp/news/pressrelease/posts/57/20090908

セイコースペースウォークスプリングドライブ(SPS005)は宇宙飛行士リチャード・ギャリオット氏のためにデザインされ2008年実際に宇宙で12日間使われました。

その10: スプリングドライブムーブメント

f:id:martybear:20180403225756j:image

セイコースプリングドライブは、機械式とクォーツの技術をかけあわせたものです。

スプリングドライブムーブメントは、バッテリーを使うことなくクォーツの精度の高さを使っています。

赤羽好和氏は、20年の歳月をかけてスプリングドライブムーブメントを開発しました。

 

あわせて読みたい

 

www.thewatchblog.net

 

インフォグラフィックの全体画像はこちら

f:id:martybear:20180403230129p:image

オリジナルの記事はこちらから