腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

スピーク・マリン 2019新作 ミニッツリピーター フライングトゥールビヨン レジェルテ

スピーク・マリン ミニッツリピーター フライングトゥールビヨン レジェルテ

サファイアクリスタルケースに身を包んだユニークなミニッツリピーターフライングトゥールビヨン

スピーク・マリンの2019年の新作コレクションは、軽さを意味するフランス語の“レジェルテ”と名付けられ、上部、側面、裏面のどこからでもムーブメント鑑賞に没頭することができるようにケース素材にサファイヤクリスタルを採用しています。

ベゼル、ケースバック、ミドルケースの 3 つのパーツから構成されるケースには、サファイヤクリスタルが使われていますが、完成までの加工と研磨作業には、気が遠くなるような時間と手間が費やされました。また最も複雑な工程であるケース全体の仕上げは、完璧な透明性を確保するために、わずかな傷もつけられない繊細な作業が要求されました。

ミニッツリピーター フライングトゥールビヨン レジェルテ
ミニッツリピーター フライングトゥールビヨン レジェルテ XIIモチーフが崩壊した状態

6時位置には、60秒で一回転するフライングトゥールビヨンが配され、それを支えるケージは、スピーク・マリンのシンボルを象っています。そして、このフライングトゥールビヨンの動きは、まるで時計が生き物のように動いているかのような錯覚を見る者に与えます。さらに、ムーブメントにはミニッツリピーター カリヨンが搭載されています。ケース左サイドのスライダーを起動させると、カリヨンが鳴り出し、ダイアルのアニメーションが始まり、XIIのローマ数字が崩れていくように表示されます。

 

技術的観点から見ると、ダブルセーフティ・モジュールが搭載されていることは注目に値します。このモジュールにより、チャイムが鳴っている時でも時刻調整を行うことができ、その逆も可能になっています。また、調速機によって、カリヨンのスピードは丁度良く調整されています。この調速機は、カリヨンの作り出す 音を歪ませないよう、ほとんど音を立てずに回ります。カリヨンとダイアルアニメーションを起動させる動力は、この機構専用のバレルから伝達されるため、時計の周期運動の等時性には影響を及ぼさないようになっています。さらに、ケースとともにサウンドボックスの役割を成すブロックにハンマーを溶接することで、 カリヨンの音色がより美しいものとなります。

3つのハンマーで時刻を伝えるミニッツリピーターカリヨン

ミニッツリピーターカリヨンは、以下の3つのハンマーを使用して時刻を伝えます。

  1. 「時」の単位の数を伝えるハンマー
  2. 「60分 15分単位に分割した数(クォーター)」を伝える3つ全てのハンマー
  3. 「15 分に満たない分数」を伝えるハンマー

3つのハンマーによって時刻が告げられると、崩れていたXIIのローマ数字は元通りに戻ります。

この作品に施された仕上げと装飾は非常に精緻で、スピーク・マリンのオート・オルロジュリーにおける技術力と経験を体現しています。全ての表面には丁寧な仕上げと装飾が施されます。
6時位置のトゥールビヨンを構成する60 秒ケージに施された職人の手作業による仕上げの美しさは、ケースバック側からトゥールビヨンの裏側を見ることで堪能することができます。

トゥールビヨンの下部ケージは、印象的なパドル型のブリッジによって支えられ、その下に組み込まれた輪列がはっきりと見ることができます。受けや地板にはサーキュラーグレイン仕上げが、ネジ頭にはポリッシュ仕上げが施され、またネジ穴の縁は面取りされた後に磨き上げられています。
さらに特筆すべき特徴としては、ケーシングのガードル部分や側面、ケースバックなど時計全体に文字がエングレービングされている事です。
"independent (独立)"、"respect (敬意)"、"art piece (芸術作品)"の文字が、スピーク・マリンのDNAや希少価値、そして技術力を雄弁に物語っています。

仕様

ブランド: Speak-Marin (スピーク・マリン)
モデル: Minute Repeater Flying Tourbillon Légèreté (ミニッツリピーターフライングトゥールビヨン レジェルテ)
リファレンス番号: 974280200
ケースサイズ: ケース径 46.4mm
ケース素材: サファイヤクリスタル
防水性: 3気圧

ムーブメント

キャリバー: Cal.,SMAHH-02
パワーリザーブ: 72時間
駆動方式: 手巻き
振動数: 3hz 21,600振動/時
石数: 25石

価格

定価: 48,070,000円(税別)