腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

ヴァシュロン・コンスタンタン レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション"フェニックス"

f:id:martybear:20181013101728j:plain

ヴァシュロン・コンスタンタンのレ・キャビノティエは、同社のトップの時計職人が集り世界最高水準の時計製造が行われている部門です。

そこでは、顧客のオーダーに応じて世界に一つのオリジナルの時計を製造する完全ビスポークサービス(アトリエキャビノティエ)を提供しています。最も有名な時計としてRef.75260が挙げられます。その他に、新しい機構やデザインのアイディアに基づいた時計製造にも取り組んでいます。

ヴァシュロン・コンスタンタンは、2019年に先駆けて2つのレ・キャビノティエコレクションを発表しました。そしてその一つがヴァシュロンの中でも最も複雑なムーブメントの一つを搭載したグランドコンプリケーションフェニックスです。

不死鳥が彫られた最も複雑な腕時計

ヴァシュロン・コンスタンタン レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション"フェニックス"
ヴァシュロン・コンスタンタン レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション"フェニックス"のケースバック

ムーブメントは、ヴァシュロン・コンスタンタンのキャリバー2755で、ミニッツリピーター、トゥールビヨンとパーペチュアルカレンダーが搭載されています。さらにいくつもの天文表示を備えており、それらは均時差表示、日の出と日の入りの時間、恒星時表示、月齢表示、12星座そして季節表示です。

f:id:martybear:20181013112603j:plain

キャリバー2755は、通常モデルではトラディショナルコレクションの1つです。レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション"フェニックス"は、非常に複雑な機構を求めるユーザーは、同様にケースにも複雑な装飾を求めているのでは無いかということで作られたようです。ケースには、モデル名にもある不死鳥が彫り込まれています。

ヴァシュロン・コンスタンタン レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション"フェニックス"の彫金の様子
ヴァシュロン・コンスタンタン レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション"フェニックス"の彫金の様子

フェニックスは、古代エジプトに神話に登場する、聖なる鳥「ベンヌ」が起源であるとされています。そのベンヌが古代ギリシアの歴史家ヘロドトスに伝わり著書に紹介されます。

彫金は、18Kピンクゴールドのケースに繊細に彫られており、搭載する複雑機構に相応しいものとなっています。

仕様

ブランド: Vacheron Constantin (ヴァシュロン・コンスタンタン)
モデル: Les Cabinotiers Grand Complication Phoenix (レ・キャビノティエ・グランド・コンプリケーション"フェニックス")
リファレンス番号: 9700C/003R-B187
ケースサイズ: ケース径 47mm / 厚さ 19.10mm
ケース素材: 18Kピンクゴールド
防水性: 100m(10気圧)

ムーブメント

キャリバー: 2755 BOSS
パワーリザーブ: 58時間
駆動方式: 手巻き
振動数: 2.5hz 18,000振動/時
石数: 40石

価格

定価: -
限定: 1本

詳細は、以下のヴァシュロン・コンスタンタンの公式サイトでご確認ください。

スイスの高級ラグジュアリー時計 - Vacheron Constantin