腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

【レビュー】LIP ノーティック・スキー フランス初本格ダイバーズを手軽に楽しむ

f:id:martybear:20180717103956j:plain

今回ご紹介するのは、フランス生まれの時計ブランドLIPのノーティック・スキーの復刻モデルです。今回は4本時計をお借りすることができたので実際に2週間ほど着用した上でレビューしました。

時計ブランド「LIP」とは

f:id:martybear:20180717014749p:plain

LIP(リップ)は、フランス東部のブザンソンで1867年に創業したフランスを代表する老舗時計ブランドです。

1807年にフランス東部ブザンソンのユダヤ人組織が機械式時計(懐中時計)の製造を開始し、フランス皇帝ナポレオン1世に時計を進呈しました。そして60年後の1867年にアルザス地方で時計職人の家に生まれたエマニエル・リップマンとその息子がComptoir Lipmann(コントワー・リップマン)という時計工房を創業し時計ブランド「LIP」の歴史がはじまりました。
代表作には、世界初の電気時計(電磁テンプ式時計)でフランス大統領が愛用したモデルや当時登山家の9割が愛用していたといわれる「ヒマラヤ」シリーズやロジェ・タロンがデザインを手がけた「マッハ2000」などがあります。

f:id:martybear:20180717030531j:plain
出典: https://shop.analogshift.com/

1950年代にフランス時計は全盛期を迎えました。その当時のリップの圧倒的な販売本数からブランパンやブライトリングがフランスでの販路拡大のためにいくつかのダブルネームモデルをリリースしたのではないかという話もあります。上の写真は、ブランパンのフィフティファゾムスのリップとの実際のダブルネームモデルです。

フランスブランドの時計は、私自身まだあまり知識がなくブレゲ、カルティエやアラン・シルベスタイン程度しか知らなかったのですがこのLIP(リップ)というブランドにも面白いヒストリーがあることが分かりました。

LIP ノーティック・スキーとは

1960s-nauticski-front
1960s-nauticski-side

出典: https://shop.hodinkee.com/

オリジナルのノーティック・スキーは、LIP社創業の100周年を記念して1967年にパリの百貨店プランタンで販売されました。水深200mまで耐えられるフランス初の本格ダイバーズウォッチとして有名です。当時の搭載キャリバーは、電磁テンプ式(エレクトロ・メカニカル)ムーブメントR184です。スーパーコンプレッサーと呼ばれる防水ケースを採用することで水中でのインナーベゼルの操作を実現しました。

f:id:martybear:20180710022948j:plain

「ダイビングウォッチなのにスキー?」と思われた方もいるかも知れませんが、1968年にフランスのグルノーブルで開催された冬季オリンピックの1年前、当時人気を博したスポーツ「スキー」からモデル名の後半部分を採用しリリースしたという経緯があります。当初375フランで販売されすぐにLIP社のベストセラーモデルとなりました。さらに詳しく知りたい方は、LIP公式サイトでブランドの歴史の詳細が掲載されていますのでご覧ください。 

LIP ノーティック・スキー復刻モデル

f:id:martybear:20180717022424p:plain

レビューするのは、ノーティック・スキーの機械式復刻モデルです。実は復刻モデルは2014年に既にリリースされていましたが、今回の2018年版復刻モデルにはいくつかの変更点が加えられています。

まず60年代モデルにも見られた文字盤のLIPのロゴ下の電気のモチーフが外されています。その理由は今回のモデルがオリジナルの電磁テンプ式でも2014年のクオーツ式でもなく100%機械式ムーブメントが採用されたためです。

また、新しい文字盤色も追加されブラック、グレー、ブルーとフランス国旗と同じトリコロールカラーの4色展開となります。
今回は、ブラック文字盤をベースにレビューしていきます。

外観レビュー

ケース

f:id:martybear:20180717153707j:plain

復刻版ノーティック・スキーは、38mmのケースサイズに18mmのラグ幅でドーム型のサファイアクリスタル風防を採用しています。60年代オリジナルモデルよりも2mmサイズアップしていますが、サイズ感としては全く問題ありませんしむしろ現代的にアレンジされて使いやすくなった印象です。ラグ幅は、オリジナルと同じ18mmという狭めのサイズでヴィンテージウォッチ感をうまく引き出しているように思いました。

f:id:martybear:20180717153720j:plain

ケース厚は、14.24mmと分厚く感じました。要因としては、ドーム型風防、Miyota製ムーブメントの採用とトランスパレントバック(裏スケ)仕様があると思います。

ですが、トランスパレントバック仕様ながらもちろん防水性能はしっかりと200mを確保しており、日常生活での水回りの不安は一切感じませんでした。

文字盤

文字盤は、オリジナルモデルを踏襲したデザインで4色それぞれに個性があり楽しい時計です。それぞれ着用した写真を掲載します。

ブラック文字盤

f:id:martybear:20180717150323j:plain
スタンダードな黒文字盤は、とにかく使いやすいです。オリジナルを踏襲したデザインは、このモデルの顔とも言えるかと思います。

ブルー文字盤

f:id:martybear:20180717150337j:plain
周りからの評判はこの青文字盤が一番良かったです。グラデーションのかかった光を浴びて表情を変えるダイアルは高級感があります。

グレー文字盤

f:id:martybear:20180717150355j:plain
一番ヴィンテージ感のあるモデルです。今まで持っていないテイストなので4本の中では出番が多かったです!

トリコロール文字盤

f:id:martybear:20180717150411j:plain
他の3本とは違うデザインのトリコロール文字盤です。実はこのデザインも元々あったものでChrono24で見つけることができました。

Lip Electronic Nautic Ski Supercompressor Diver watch - Chrono24

ベゼル

f:id:martybear:20180717225352p:plain

ノーティック・スキーは、インナーベゼルを操作するタイプのダイバーズウォッチです。私が普段使いしているロレックス サブマリーナは、直接ベゼルを回転させるものですが、これは2時位置のリューズで操作します。操作性もスムーズで、風防の中でベゼルが回転するのは見ていてなかなか面白いです。

夜光

f:id:martybear:20180717213412j:plain

夜光塗料は、時分針とダイヤルのバーインデックス全てに施されています。針の夜光塗料は割と明るめなのですが、インデックスはうっすらと光っている程度です。そのため暗所での視認性はあまり高くはありません。また、一点注意なのがグレー文字盤だけ夜光塗料がありません。200m防水ではありますが、そもそも本格的にダイビングをする際に着ける想定はないですし、正直夜光がどれだけ強いかというのはあまり時計購入において気にしたこともないのでこの夜光含めてヴィンテージ感を楽しめればいいかなと思います。

ストラップ

f:id:martybear:20180719231205j:plain

ノーティック・スキーには、ウレタン素材のストラップと本革ブラックレザーストラップが付属します。グレー文字盤だけ、ウレタンストラップとブラウンのレザーストラップのセットとなっています。ウレタンベルトとブラックの本革レザーストラップのみ200m(20気圧)防水となっています。汗をかきやすい夏も気兼ねなく使えるのは嬉しいですね。アビエ式ではないため、バネ棒外しを使って自分で交換するか不安な方はお店に直接持っていってしまうのが良いかもしれません。デフォルトで2本ストラップがついてくるのは嬉しいですね。18mmサイズのストラップも数多く市販されていますしNATOストラップに付け替えても楽しそうですね。

ムーブメント

f:id:martybear:20180717033332j:plain

日本製のMiyota(ミヨタ)821Aベースのムーブメントが搭載されています。日付表示機能があり、日送りもリューズを一段引き出すことで簡単に行うことができ便利です。ハック機能はないので秒針は止まりませんが特に気になりませんでした。

この裏スケ仕様のためにケースが分厚くなっており、機械式時計初心者の方にとっては嬉しい仕様ですが、個人的にはスリムにした方が使い勝手が向上しそうだなと思いました。

着用レビュー

f:id:martybear:20180717143746j:plain

実際に腕につけてみるとケースのサイズ感からから着用感は良好です。小さいという印象もなく適度な主張があり腕元で映える時計ですね。

私はウレタンブレスは初めてで最初は少しかたい感じがしましたが、使っていくうちに少しずつ慣れてきました。革ベルトもついているので自分でベルト交換して試したりもしました。革ベルトなのに防水仕様というのは、やはり高ポイントで汗ばむ季節も気にせず使えてるのは嬉しいですよね。

やはりダイバーズウォッチ、実際に海にも連れて行ったのですが海に似合う時計ですよね。なかなかインスタ映えする写真が撮れました笑

ちなみに防水性能200mでしたが、お借りしているものなので着水はしていないです笑
それでも日常生活での水回りを全く気にしなくていいのは復刻版ならではです。

総評

f:id:martybear:20180720090756j:plain

価格帯としても中のムーブメントとしても特に機械式時計初心者の方でデザインにこだわったモデルが欲しいという方にはおすすめできる時計だと思います。

また、現在もLIPのオリジナルモデルは、Chrono24など中古市場で見かけることはありますが、やはりどうしてもヴィンテージウォッチというのは気軽に扱えるものではないです。そういうものは、ダイバーズだからといってじゃぶじゃぶ水に着けるのも怖いですし… オリジナルのデザインでヴィンテージ要素を取り入れながらも手の出しやすい価格帯で手軽に楽しめるというのは既に時計を持っている人にも非常におすすめできるポイントです。

フランス初の200m機械式ダイバーズウォッチという歴史を持ち新しく復刻したこのモデル気になった方は是非店頭で手にとってみてはいかがでしょうか。

LIPの公式サイトはこちらから
LIP(リップ)公式オンラインストア

仕様

ブランド: LIP (リップ)
モデル: Nautic Ski (ノーティック・スキー)
リファレンス番号: LP671505(ブラック) / LP671503(グレー) / LP671506(ブルー) / LP671504(トリコロール)
ケースサイズ: ケース径 38mm / ケース厚 14.25mm
ケース素材: ステンレススチール
防水性: 200m(20気圧)

ムーブメント

キャリバー: Miyota 821A (日本製)ベース
パワーリザーブ: 42時間
駆動方式: 自動巻
振動数: 21,600振動
石数: 21石

価格

定価: 74,000円(税抜)

オンタイム 渋谷ロフト店でPOP掲載

LIP Nautic Ski オンタイム渋谷ロフト店
LIP Nautic Ski オンタイム渋谷ロフト店

本記事を執筆後、LIP様のご厚意でオンタイム渋谷ロフト店にてPOPを書かせていただくことになりました。近くに立ち寄られた際は是非チェックしてみてください!
期間: 2018年8月10日〜
※既に展示は終了しております。

渋谷ロフト店|修理工房併設の腕時計店 オンタイム