腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読みもの」として紹介していく時計ブログメディアです。

【レビュー】ロレックス エクスプローラー1 Ref.214270を正規店で購入!

新型エクスプローラーを正規店で入手しましたので開封レポートをしたいと思います。

ロレックスブティックでエクスプローラー1を着用

正規店入手までの経緯

最近のスポロレ(スポーツロレックス)の正規店在庫状況は壊滅的でデイトナはもちろんサブマリーナやGMTマスターそしてエクスプローラー1までも無いというお店が多いです。

今回幸運にもエクスプローラー1(エクワン)を正規店で購入できたのは、Instagramつながりで色々と良くしていただいている方のおかげでした。

その方がちょうど正規店を見られている際に、なんと偶然にも当日入荷したGMTマスター2 116710LNとエクスプローラー1 214270が店頭に並んでいたとのことでした。

同氏は二本とも購入されようとしていたのですが、その店舗では、人気モデルの2つ以上の購入はNGとなっていたようで今回私に回していただきました。

そういったわけで金曜日仕事を終えた私は、渋谷から山手線に飛び乗り閉館1時間前の池袋西武に乗り込み正規店での購入にこぎ着けました。

元々購入するつもりは無かったのですが、ロレックスは最悪売却したとしても差損は僅かになるか寧ろプラスになる場合もあるため半ば衝動買いのような形でしたが購入に踏み切りました。

開封の儀

それでは早速開封したいと思います。

ロレックスの包装ボックス

まずは、お馴染みのロゴが入った緑の包装紙をはがします。

ロレックスの白い外箱

こちらもいつものロレックスの大きな王冠のロゴがてっぺんにあしらわれた箱です。

これを開けると...

ロレックスの外箱を開封

時計本体の入ったケースとその上にいくつか書類がのっていました。

書類などの付属品

ロレックス ギャランティーケース

こちらは、保証書をいれるギャランティケースです。実際には購入したばかりの段階では、まだギャランティカードは付属していません。

ロレックスを正規販売店で購入した場合は、保証書請求ハガキに必要事項を記入してから後日、購入者の名前や販売店名の入ったギャランティカードが届く形になっています。

そのため保証書請求ハガキの控えの紙が入っているだけという状態です。

ロレックスエクスプローラー説明書

そしてもうひとつ高級感のあるグリーンの冊子が付属していました。こちらはエクスプローラーについての紹介や取り扱いの簡単な説明が記載されています。

ロレックス アフターサービスの案内冊子

もうひとつアフターサービスのご案内というロレックスサービスカウンターとサービスセンターの一覧が記載された紙も付属していました。

時計ケースと時計本体

ロレックスのグリーンのケース

こちらもいつも通りの高級感のある緑のボックスですね。いよいよ時計とご対面です。

エクスプローラー1

こちらが時計本体です。

定番中の定番時計ですね。

エクスプローラー1

すでにコマ調整は店舗にてしてもらっているので時計のクッションの下に余りのコマも入っています。

着用インプレッション

 

Masaharuさん(@masaharu.me)がシェアした投稿 -

サブマリーナとデイトナも所有していますが、着用感としては細腕の私にはこの39mmという大きさは非常に着け心地がよく感じます。

デイトの無いシンプルな3針なので時計が止まってしまった場合でも午前午後も気にする必要がありませんし日付をいちいち合わせる必要もないため使い勝手は良さそうな印象です。

 

Masaharuさん(@masaharu.me)がシェアした投稿 -

旧型の214270は、バーインデックス部分だけに夜光塗料のクロマライトが施されていましたが、こちらは新型214270になるため数字までしっかりと光ります。昼夜問わず非常に視認性が高いのもポイントです。

インスタ映え時計

シンプルで完成されたデザインで文字盤の黒とインデックスのコントラストも映えるためとても写真映えのする時計だと思います。

 

Tommy Changさん(@aguynamedtommy)がシェアした投稿 -

 

Mr.Explorerさん(@mr.explorer_)がシェアした投稿 -

 

直近の価格推移

ロレックスエクスプローラー214270の価格推移グラフ

上は価格コムのグラフなのであまりアテにはならないかもしれませんが、新品価格が高騰しています。定価は、税込みで669,600円ですが並行新品でも70万円程度での販売が多いようです。

正規店での入手について

スポロレは特に予約をすることが出来ず、いつどの店舗に入荷するのかも不明なため、今回私のようなこういった時計つながりの方やコミュニティでの情報が非常に重要になってくるのかもしれないなと思いました。