腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

iTunesカードの使い方(購入・課金・残高の確認方法)まとめ

iTunesカードについて、購入方法、課金方法や残高の確認方法についてまとめました。

iTunesカードとは

f:id:martybear:20180925150834j:plain

iTunesCard(iTunesカード)は、iTunes Storeで音楽の購入や、App Storeでアプリを購入、アプリ内課金をする際に使用することができるプリペイドカードです。購入したiTunesカードは、自身のiTunesアカウント(Apple ID)にチャージすることで利用できます。

決済はどちらが先?:クレジットカードとiTunesカード(コード)

アプリの購入や音楽の購入はクレジットカード決済も可能で、iTunesカードと併用できます。どちらも利用している場合、先にiTunesカードのチャージ分から使用され、足りない分はクレジットカードで決済がされます。クレジットカードを使いたくない場合は アカウント情報の「お支払い情報」からクレジットカードの情報を削除しておきましょう。

iTunesカードを使うメリット

18歳未満でも利用可能

iTunesカードは18歳未満でも購入できます。コンビニや電気量販店などで気軽に購入できる点も魅力です。また、iTunesカードは、クレジットカードを利用しない方にもおすすめの決済方法になっています。

使いすぎ防止

iTunesカードはプリペイドカードなので、購入した金額までしか使うことはできません。そのため、クレジットカード決済のように予定より使いすぎるようなことなく安心して利用することができます。iTunesカードを利用することで計画的な課金ができます。

割引やキャンペーンがある

iTunesカードを購入する最大のメリットは、クレジットカード決済とは違って割引やポイントバックなどのキャンペーンがあるということです。

コンビニ限定やキャリア限定など様々な場所で不定期にキャンペーンは開催されています。あらかじめ予告されているものや事前予告なしに開催されるキャンペーンもあるので、ぜひキャンペーン情報をまとめた本サイトをご活用ください。

例えば、5%分ボーナスが付くキャンペーンを利用して、1万円分iTunesカードを買った場合、500円分が無料でついてくることになるのです。お得なキャンペーン期間を見逃さず、ぜひお役立てください。

iTunesカードの種類と値段

f:id:martybear:20180925125620p:plain

iTunesカードは「1500円3000円5000円10000円」の金額で売っています。これら以外の金額で購入したい場合は、「1500-50000」と書かれたバリアブルカードを選択しましょう。

バリアブルとは?

iTunesカードには値段が固定されて販売されているもの(1500・3000・5000・10000と値段の記載があるもの)と、バリアブルと呼ばれる任意の金額を指定できるカードの2種類が存在します。バリアブルカードは「1500-50000」と書かれており、 1,500円〜5万円の間の好きな金額を指定してiTunesカードを購入することができます。例えば、3800円分のiTunesカードがほしい場合はレジにバリアブルカードを持って行き、店員さんに「3,800円分購入したい」と伝えればよいということです。

iTunesコードとの違いは?

iTunesコードとは、Apple公式 StoreでiTunesギフトコードを購入した場合や、携帯キャリアのオンラインショップで購入した際に獲得できるものです。iTunesカードのように店舗で購入する必要がなくネット上で手軽に購入可能です。使い方やiTunesコードで購入できるものもiTunesカードと同じです。

f:id:martybear:20180925133731p:plain

Apple公式サイト以外では、au、ソフトバンク、docomoの主要3キャリアで購入することができます。支払いは携帯ならではのキャリア決済が利用できるので、携帯料金と合算して支払うことが可能です。

iTunesコードは、iTunesカードにはない500円から購入ができ、バリアブルコードも1円単位で金額が指定できるので、iTunesカードよりもコードのほうが使いやすいと感じる方もいると思います。どちらも違いはないので、キャンペーンや支払い方法など自身にあったほうを選んでみてください。

コードもカードも使えるのは1度だけ

当然ですが、購入したiTunesコードやiTunesカードが利用できるのは1度だけです。購入したカードやコードは使用前に決して第三者に教えないように気をつけてください。

iTunesカードが使えない場合

iTunesカードが有効になっていない

Tunesカードを店舗で購入した場合、レジでバーコードを読み取ることで、有効化(アクティベーション)しているのですが、まれに店員さんが有効化し忘れてしまうことによって使用できないことがあります。レジ横や店内に無造作に大量のiTunesカードが置かれているのは、有効化されない限り万引きされても使用できないためです。

きちんと購入したのに使えない場合は、購入した店舗にレシートと一緒にカードを持って行き、有効化してもらいましょう。

※コード入力の際、「5301」と出てエラーが起きる場合も有効化できていない可能性が高いようです。

iTunesコードが読み取れない

カード裏面のコードが読み取れない・コードが完全に剥がれてしまっている場合はAppleに問い合わせましょう。

Apple公式ヘルプ: iTunesカードやiTunesコードが使えない場合

詐欺にあわないためにもネットオークションなど、購入ルートがはっきりしない方法で購入せず、正規の方法で購入することをおすすめします。

iTunesカードをチャージしよう

iTunesカードやiTunesコードを購入したら、iTunes Storeのアカウント(Apple ID)にチャージをする必要があります。

App Store下部にある「コードを使う」からチャージする方法(iPhone・iPad・iPod touchの場合)

iPhone・iPad・iPod touchからiTunesコードをチャージする

  1. App Storeアプリを起動し、ホームの下部にある「コードを使う」をタップします。もしくは、アカウント画面の「ギフトカードまたはコードを使う」をタップします。
  2. iTunesカードをカメラで読み取るか、コードを直接入力することで、チャージすることができます。

iTunesからチャージする方法(パソコンの場合)

f:id:martybear:20180925130857p:plain

  1. iTunesを起動して、メニューバーの「アカウント」→「マイアカウントを表示」の順に選択します。サインインを求められた場合は、アカウントのパスワードを入力してサインインしましょう。
  2. サインインができたら、メニューバーの「アカウント」→「コードを使う...」をクリックするか、ページの一番下にある「管理」→「iTunes Card/コードを使う」をクリックします。
  3. 次に、Xから始まる16桁のiTunesコードを入力します。パソコン/Macの種類によっては、「カメラを使う」をクリックすれば、iPhoneのようにカメラでコードを読み取ることが可能です。カメラでコードの読み取りに失敗したときは「コードをタイプして入力することもできます」を選択しましょう。
  4. 最後に「iTunes Card/コードを使う」をクリックすればチャージ完了です。

iTunesカードのコードはどこにあるの?

コードはiTunesカードの裏面にバーコードと一緒に書いてあります。基本的に銀色のシールで隠されているので、使用するときに剥がしましょう。

Xから始まる16桁のコードがチャージするときに必要になります。また、このコードは同一のものはありません。使用前に第三者に知られないように気をつけてください。

f:id:martybear:20180925132908p:plain

※「優しくこすって取り」とありますが、コインなどで削るとコードまで削ってしまうことがあるので、注意しましょう。

※コンテンツコードとプロモーションコードにはステッカーが貼られていないもの、コードが16桁ではないもの、先頭の文字がXで始まるものではないものがあります。

コードが使用できない場合はこちら

有効期限はあるの?

iTunesカード・Apple Music Cardに有効期限はありません。コンテンツコードには有効期限があります。カード裏面に印字されている有効期限日を確認してください。

チャージ残高を確認しよう

iPhone・iPad・iPod touchで確認する方法

f:id:martybear:20180925132318j:plain

  1. iTunes StoreApp StoreiBooksで残高を確認できます。(iBooksは画面下部の「おすすめ」をタップ)
  2. 「設定」→「ユーザ名」→「iTunes と App Store」の順にタップします。サインインしていない場合は、Apple IDとパスワードを入力してサインインします。
  3. クレジット残高は、「Apple ID に入金」の上に表示されます。

パソコン(iTunes)の場合

f:id:martybear:20180925132417j:plain

  1. iTunesを起動します。
  2. サインインしていない場合は、Apple IDでサインインします。その後、「Store」をクリックしましょう。
  3. クレジット残高は、iTunes Storeウインドウの右上に表示されます。

iBooks(Mac)で確認する方法

  1. iBooksを開き、「iBooks Store」をクリックします。
  2. サインインしていない場合は、「ナビリンク」の上にある「サインイン」をクリックして、Apple IDとパスワードを入力します。
  3. クレジットがある場合は、Apple IDの横に表示されます。

App Store(Mac)の場合

  1. Mac App Storeを開き、サインインします。ウインドウ右側の「ナビリンク」下の「アカウント」をクリックして、Apple IDトパスワードを入力します。
  2. App上部にある「おすすめ」をクリックします。
  3. クレジット残高がある場合は、「ナビリンク」の「アカウント」の横に表示されます。

iTunesカード(iTunesギフト)をプレゼントする

iTunes Store、iBooks Store、App Storeから、一定の金額や、特定のブック、オーディオブック、音楽、映画、テレビ番組、またはAppをギフトとして贈ることができます。

iPhone、iPad、iPod touchから贈る方法

  1. iTunes Store、iBooks Store、App Storeを開きます。メインページの一番下までスクロールします。(iBooksの場合は、メニューの「おすすめ」をタップしてから、ページ下部までスクロールします)
  2. 「ギフトを贈る」をタップします。
  3. サインインしていない場合はサインインをして、ギフトを贈る相手のメールアドレスを入力します。メッセージを添えられるので、何か一言つける場合はここでつけることができます。
  4. 贈る金額をタップするか、「その他」をタップして別の金額を入力します。
  5. デフォルトでは、ギフトは購入直後に送信されます。あとで贈りたい場合は、「今日」をタップしてギフトを送りたい日付を設定してください。
  6. その後「次へ」をタップし、ギフトのテーマを選択し「次へ」をタップ、「購入」をタップし、「今すぐ購入」で確定です。

MacまたはWindowsパソコンから贈る方法

  1. iTunesまたはiBooksを開いて「iTunes Store」または「iBooks Store」をクリックします。サインインしていない場合はサインインします。
  2. 右側の「ナビリンク」の下で「iTunes ギフトを贈る」をクリックします。
  3. ギフトを贈る相手のメールアドレスを入力します。メッセージを添えられるので、何か一言つける場合はここでつけることができます。
  4. 贈る金額をタップするか、「その他」をタップして任意の金額を入力します。(1000円〜8000円の間で設定することが可能)
  5. デフォルトでは、ギフトは購入直後に送信されます。あとで送りたい場合は、「その他の日付」を選択してからギフトを贈りたい日付を設定しましょう。
  6. 右下の「次へ」をクリックします。ギフトのテーマを選択して「次へ」をクリックします。
  7. 「ギフト購入」をクリックして、ギフトを確定します。