腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

ボヴェ リサイタル22 グランドリサイタルがGPHG2018で金の針賞を受賞

f:id:martybear:20181120220013j:plain

先日、時計界のアカデミー賞とよばれるGPHGの2018年の授賞式が行われました。

GPHGは、メンズウォッチ賞、スポーツウォッチ賞、複雑ウォッチ賞といった計17部門で、72ブランドが競い合います。審査員は、時計師、時計専門店、コレクターやジャーナリスト、デザイナーなどで構成されており、時計業界で最も権威のある組織のひとつとしても知られています。

今年、最優秀賞であるAiguille d'Or(金の針)賞に選ばれたのは、ボヴェのRécital 22 Grand Récital(リサイタル22 グランドリサイタル)でした。 この時計はボヴェの天文三部作の時計のひとつでもあります。

ボヴェの天文時計三部作とは

かつて時計の無い時代は、時間に関することといえば、太陽、月、地球といった天体の動きから時間や日付などを把握していました。ごくわずかな時計ブランドが天体を再現した時計を製造しており、ボヴェもその一つです。

ボヴェ オーナーのパスカル・ラフィ氏

ボヴェは、2016年からボヴェのオーナーであるパスカル・ラフィ氏(上部写真)とボヴェの職人たちと共に天文三部作として天文学的要素をもつ非常に複雑で美しい時計をリリースしてきました。

ボヴェ リサイタル18 シューティングスター
ボヴェ リサイタル20 アステリウム
左からリサイタル18 シューティングスターとリサイタル20 アステリウム

2016年天文三部作の記念すべき一作目である「リサイタル18 シューティングスター」が発表されます。トゥールビヨンを搭載し、タイムゾーン選択可能な半球表示のワールドタイム、同じく半球のムーンフェイズにジャンピングアワー、レトログラード分表示、そして5日間のパワーリザーブを持つまさに超複雑時計です。

その翌年の2017年には「リサイタル20 アステリウム」が発表されました。星座、季節、黄道十二宮星座、均時差、恒星歴によるカレンダー、アニュアルカレンダー、ムーンフェイズ、レトログラード分表示に10日巻フライングトゥールビヨンを搭載した超複雑天文時計です。

そして2018年3部作を締めくくるボヴェ リサイタル22 グランドリサイタルがリリースされ、GPHG2018のグランプリを獲得することとなります。

ボヴェ リサイタル22 グランドリサイタル

f:id:martybear:20181120225252j:plain

出典: Hodinkee

今回グランプリを受賞したリサイタル22 グランドリサイタルは、天体を再現した時計の中でも最も美しい時計の一つで、太陽系儀をコンセプトとしています。

太陽系儀とは、太陽を中心に周囲の惑星の模型を動かすことで惑星の相互の位置を再現する地動説を元にした太陽系の模型のことです。

リサイタル22 グランドリサイタルは、ケース内部に太陽、月、地球の3つの天体を再現しています。

f:id:martybear:20181120235949j:plain

出典: Hodinkee

この時計では、太陽は文字盤下部の1分間に1回転するフライングトゥールビヨンがそれを表しています。トゥールビヨンのキャリッジは、太陽光線を思わせる5つのアームが特徴的です。

f:id:martybear:20181121001026j:plain

出典: Hodinkee

12時位置にある半球の地球は、24時間で1回転し時刻を表示します。北極の真上から見下ろした地球が表現されており、職人により手作業で塗装されています。

地球のすぐ横には球状の月があり、実際の朔望周期である29.53日で地球の周囲を一周します。

 

f:id:martybear:20181120222732j:plain

出典: Hodinkee

もう一度時計を表に向けてみましょう。さらにもう少し詳しく見ていただきたいのは、やはり地球儀です。地球儀の表面はエングレーブされた後にすべてハンドペイントで地球が表現されています。

f:id:martybear:20181121003058j:plain

出典: Hodinkee

よく見てみると海、山、砂漠がいくつもの色によって綿密に描かれており、雲や気流の様子まで再現されています。

月もまた地球同様にエングレービングが施されており、太陽の当たる面とそうでない面で塗り分けられています。

ボヴェ リサイタル22 グランドリサイタル
ボヴェ リサイタル22 グランドリサイタルの夜光

大陸や月の太陽の当たる面を描くのに使われる塗料にはスーパールミノバが使われています。そのため暗闇で美しく神秘的に光り、さながら宇宙から見た地球のようです。

グランドリサイタルは、時計背面にも特徴があります。

f:id:martybear:20181121002337j:plain

出典: Monochrome

時計を裏返すと705個のパーツからなるレトログラード・パーペチュアルカレンダーを確認することができます。曜日、月、閏年に加えてレトログラードによる日付表示を確認することが可能です。 

f:id:martybear:20181121100903j:plain

グランドリサイタルは、2018年6月9日から6月10日にアワーグラス銀座で開催された「THE ART OF BOVET」にて展示されていました。

ケースサイズは、ケース径46.3mm、厚さは一番厚みのある部分で19.6mmと腕時計としては非常に大振りなサイズです。しかし、これだけの機能を盛り込んでいることを考えるとよくこの"小さな"ケースにすべてを詰め込むことができたものだと非常に驚きます。

また、本モデルはボヴェが持つ5つの特許のうち3つが盛り込まれており同社の技術を詰め込んだまさに超複雑時計です。

天体時計三部作の最後のモデルであり、ボヴェの技術を詰め込んだ本モデルがGPHG2018でグランプリを受賞したことは同社にとって特別なものであったことは間違いありません。

仕様

ブランド: Bovet(ボヴェ)
モデル: Récital 22 Grand Récital(リサイタル22 グランドリサイタル)
リファレンス番号: Ref.R220001 / Ref.R220002
ケースサイズ: ケース径 46.3mm / 厚さ 19.6mm
ケース素材: 18Kピンクゴールドまたは、950/1000プラチナ
防水性: 30m

ムーブメント

キャリバー: キャリバー17DM03-TEL
パワーリザーブ: 9日間
駆動方式: 手巻き
振動数: 2.5hz 18,000振動/時
石数: 不明

価格

定価: 59,400,000円(税込)
限定: ムーブメント限定60本

あわせて読みたい