腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読みもの」として紹介していく時計ブログメディアです。

ヴァシュロン・コンスタンタン「222」70年代ラグジュアリースポーツウォッチ

ヴァシュロン・コンスタンタンは、1755年にスイスジュネーヴで創業した世界三大時計ブランドの一角を担うブランドです。

同社のスポーツウォッチ「オーヴァーシーズ」は、同社の中でも人気のあるモデルのひとつですが、今回はその原型となったモデル「222」についてご紹介したいと思います。

ヴァシュロン・コンスタンタン222とは

f:id:martybear:20180528181417j:plain
出典: http://www.vacheron-constantin.com/

ヴァシュロン・コンスタンタン「222」は同社の創立222周年を記念して1977年発売されたスポーツウォッチです。そのデザインからもお気づきになるかと思いますが、222は後にオーヴァーシーズに大きくインスピレーションを与えたとされています。

222は、発売当初はあまり人気の無かったモデルといわれていますが、現在はアンティークウォッチの中でも非常に人気の高いモデルとなっています。特に人気があるのは、44018/411というモデルで青文字盤のSS仕様ともなると400万円を超える値段がつくほどです。

www.chrono24.jp

ヴァシュロン・コンスタンタン222の魅力

f:id:martybear:20180528195312j:plain
出典: https://shop.analogshift.com/

このモデル「222」は、3種類のケース素材でリリースされました。それぞれステンレススチール、イエローゴールド、そしてステンレスとイエローゴールドの組み合わせのコンビモデルです。ケース系は、当時のサイズとしては少し大きめの37mmでした。

f:id:martybear:20180528200003j:plain出典: https://shop.analogshift.com/

そしてケース厚は非常に薄くわずか7.5mmしかありません。それでいてスポーツウォッチとして120m防水というスペックを持ち合わせています。

f:id:martybear:20180528201038j:plain
出典: http://blog.dreamchrono.com/

この薄型を実現しているのは、ジャガー・ルクルト製のキャリバー920をベースとしたVC1120ムーブメントです。Cal.920は、パテックフィリップのノーチラス、そしてオーデマピゲのロイヤルオークにも使われているものです。

f:id:martybear:20180528202005j:plain出典: http://blog.dreamchrono.com/

ケースバックは222のロゴが刻印されています。

大変革の中で誕生した起死回生の一手

222がリリースされた1970年代は、大きな変革の時代でした。1969年に日本のセイコーがクオーツウォッチ「アストロン」をリリースし、その後1974年をピークに所謂「クオーツショック」の煽りを受けスイス時計の売上が激減しました。

クオーツウォッチの台頭により窮地に陥った各社は、これまでに無い時計としてステンレス製の薄型スポーツウォッチに力をいれていきます。

f:id:martybear:20180528185642j:plain
f:id:martybear:20180528185650j:plain
f:id:martybear:20180528185656j:plain

出典: https://www.hodinkee.com/

  • 1972年: オーデマ ピゲ ロイヤルオーク(上部写真左)
  • 1976年: パテックフィリップ ノーチラス(上部写真中央)
  • 1977年: ヴァシュロン・コンスタンタン 222(上部写真右)

現在も高い人気を誇る雲上ラグスポはどれもこの時期に誕生していたことが分かります。

オーデマピゲのロイヤルオークとパテックフィリップのノーチラスの両モデルが、かの天才時計デザイナーのジェラルド・ジェンタ氏によるデザインであることは有名ですが、この222は別のデザイナーによるデザインです。

鬼才ヨルグ・イゼックという人物

f:id:martybear:20180528194049j:plain
出典: https://www.forbes.com/

222はヨルグ・イゼック(Jorg Hysek)というデザイナーによるデザインです。

ヨルグ・イゼックは、1953年に東ベルリンに生まれたプロダクトデザイナーです。ロレックスのデザイン部門を経て独立しHysek Stylingというデザイン会社を設立します。

彼のデザインしたモデルの中には、ブレゲ「マリーン」やタグホイヤーの「キリウム」そしてティファニーの「ストリーメリカ」などがあげられ、現在も時計デザインに携わっています。

Home - Hysek Design

ジェラルド・ジェンタほどの知名度があるわけではありませんが、非常に優れたデザイナーのひとりとしてあげられると思います。

まとめ

f:id:martybear:20180528202132j:plain出典: https://shop.analogshift.com/

クオーツショックは多くのスイス時計ブランドの大きな打撃を与えましたが、その逆境があったからこそ現在に続くモデルが生まれたとも言えます。

今回ご紹介したヴァシュロン・コンスタンタンの222は、オーヴァーシーズとして形を変えましたが非常に評価の高い時計です。

仕様

ブランド: Vacheron Constantin (ヴァシュロン・コンスタンタン)
モデル: 222 (222)
リファレンス番号: Ref.44018 (37mm) / Ref.46003 (34mm)
ケースサイズ: ケース系 37mm / 34mm
ケース素材: ステンレススチール / 18Kイエローゴールド / コンビ
防水性: 120m

ムーブメント

キャリバー: VC1120 (37mm) / VC1124 (34mm)
パワーリザーブ: 不明
駆動方式: 自動巻
振動数: 1万9800振動/時
石数: 36石

価格

定価: 不明