腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読みもの」として紹介していく時計ブログメディアです。

InstagramのIGTVの使い方を分かりやすく解説 IGTVとは YouTubeとの違いは?

f:id:martybear:20180621112609j:plain

出典: https://www.bbc.com/

インスタグラムに新サービスが登場しました。早速使い方など見ていきたいと思います。

InstagramにIGTVが登場

f:id:martybear:20180621113808j:plain

IGTVはInstagram TVの略で、全画面表示の縦動画を視聴し続けることができるインスタグラムの新サービスです。日本では、IGTVではなくインスタTVやインスタテレビと呼ばれるのでしょうか。

IGTVでは、自分がフォローしているフォロー中のアカウントが投稿したものや国内外の有名アカウントが投稿した動画などが視聴可能です。

インスタグラムの通常の投稿だと60秒までの動画しか投稿できないのですが、IGTVであれば最長10分間の動画が投稿できます。色々な情報メディアでは、最長1時間までと言われているのですが、それは一部の有名なアカウントだけのようです。

IGTVは、Instagramからアクセスする方法とIGTV専用アプリを使う方法の2パターンがあります。今回はそれぞれの方法を解説します。

IGTVの視聴方法

InstagramからIGTVを視聴する方法

Instagramから使うには、まずインスタグラムを最新版のバージョン50.0にアップデートする必要があります。ストアにアクセスして最新版に更新しましょう。

f:id:martybear:20180621120218p:plain

  1. アップデートが終わったらインスタグラムを起動します
  2. ホーム画面の右上のIGTVのマークが表示されているのでそこをタップします
  3. 初回は、ポップアップが表示されるので「再生する」ボタンを押します
  4. すぐに全画面の縦動画が表示されます
  5. おすすめ、フォロー中、人気、視聴を再開から好きな動画を探して閲覧します

IGTVアプリから視聴する方法

IGTVの専用アプリで視聴する場合は、アプリをダウンロードする必要があります。

f:id:martybear:20180621155759p:plain

  1. IGTVアプリを起動しログインします
  2. すぐに視聴開始することができます
  3. ブラウズしたり全画面視聴に切り替えたりあとは楽しみだけです

IGTVに動画を公開する方法

Instagramから動画を公開する方法

IGTV-howto-upload1
IGTV-howto-upload2
  1. IGTV画面の歯車アイコンをタップします(チャンネル作成後は、歯車アイコンの隣の自分のアイコン)
  2. 初回の簡単なチュートリアルを進み、最後のチャンネルを作成を押します
  3. 動画をアップロードをタップするか「+」ボタンをタップします
  4. 自分のライブラリから動画を選択できるので好きな動画を選択します
  5. タイトルと説明を入力してFacebookページへ公開したい場合はチェックをいれましょう
  6. 「投稿する」ボタンを押すと動画が投稿されます

IGTVアプリで動画を公開する方法

f:id:martybear:20180621161050p:plain

  1. 歯車アイコンの左隣にある自分のアイコンをタップします(アプリ版はチャンネル有無に関わらず自分のアイコンです)
  2. 初回は、簡単なチュートリアルを進み、チャンネルを作成を押します
  3. 動画をアップロードをタップするか「+」ボタンをタップします
  4. 自分のライブラリから動画を選択できるので好きな動画を選択します
  5. タイトルと説明を入力してFacebookページへ公開したい場合はチェックをいれましょう
  6. 「投稿する」ボタンを押すと動画が投稿されます

YouTubeのように稼げるようになるかも

IGTVは今現在は広告表示などが無いためYouTubeのようにクリエイターが収益を得る手段はありません。ですが、InstagramのCEOであるKevin Systrom氏は将来的にクリエイターが収益を得る方法があるべきだと記者会見で述べていたそうなので今後に注目です。

近年子供たちのなりたい職業ランキングにも登場しているYouTuberですが、InstagramのIGTVが収益化手段に慣れば将来的にインスタグラマーも憧れの職業になるなんてこともあるかもしれませんね。

時計ブロガーとしては、時計関連の有名アカウントから面白い動画が投稿されないかそちらが楽しみです。

あわせて読みたい

www.thewatchblog.net

www.thewatchblog.net