腕時計の読みもの

腕時計に関する様々な情報を「読み物」として紹介していく時計ブログメディアです。

#SpeedyTuesday オメガ スピードマスター ウルトラマン 2012本限定モデル登場

f:id:martybear:20180711020525j:plain
2018年の#SpeedyTuesday(スピーディチューズデー)限定モデルが発表されました!なんと日本の特撮人気ヒーローのあのキャラクターです。

2018年のスピーディチューズデーはウルトラマン

f:id:martybear:20180712000026j:plain

出典: https://www.omegawatches.jp/

昨年2017年のスピーディチューズデーリミテッドエディションは、オメガとFratello Watchesの限定モデルでした。昨年のモデルは、2017年1月10日予約が開始され、4時間15分43秒で完売となりました。国内の定価が702,000円でしたが現在は、Chrono24などでも1,000,000円を超えるプレミアム価格で販売されるほど非常に人気の高いモデルです。オメガブティックの方によれば日本国内で予約できたのはわずか36本だそう。シンガポールあたりの国で相当数予約できた方がいたんだとか。かなりレアピースですね!

そんなスピーディチューズデー第二弾として今年2018年に発表されたのは、なんと「スピードマスター ウルトラマンモデル」でした。

センターのオレンジのクロノグラフ針にNATOストラップが非常に格好いいですね。本モデルは、もちろんウルトラマンに関連する仕様が様々採用されています。

f:id:martybear:20180711022435j:plain
 ウルトラマンが3分間しか変身していられないのは有名ですが、それにあわせて3時位置のサブダイアルも最初の3分間にオレンジ色が使用されています。

f:id:martybear:20180711023727j:plain

また9時位置のサブダイアルは、付属のUVランプを当てることでウルトラマンの顔のシルエットが現れる仕様になっています。

speedytuesday-ultraman-watchcase01
speedytuesday-ultraman-watchcase02
speedytuesday-ultraman-watchcase03
speedytuesday-ultraman-watchcase04

ウルトラマン限定モデルは、六角形の限定ボックスに入っており、ウルトラ警備隊が使用していたテーブルをイメージしたデザインとのこと。時計を取り出すとウルトラマンのフェイスが登場し、そしてさらにその蓋を取り除くとブラックの交換用レザーストラップとUVランプ付きの"ベータカプセル型"のストラップ交換ツールが付属するとのこと。ベータカプセルは、ウルトラマンに変身する際の変身アイテムです。

昨年のモデルもスペシャル仕様でしたが今回もそれに負けないほど時計、付属品含めて特別なものとなっています。

余談ですが、発表された本日7月10日は「ウルトラマンの日」でさらに火曜日スピーディチューズデイとうってつけの日でした。

ウルトラマンが選ばれた理由とは

f:id:martybear:20180710193809p:plain

実はこのウルトラマンモデルは、原型となるオリジナルのウルトラマンモデルが存在します。製造されたのは1967年で、大人気特撮番組『帰ってきたウルトラマン』にそのスピードマスターが登場しています。

f:id:martybear:20180711025738j:plain

実際に登場したのは、『帰ってきたウルトラマン』の第8話「怪獣時限爆弾」の回で、あらすじは以下の通りです。

怪獣ゴーストロンが出現。MATは直ちに出撃するが、郷のミスでゴーストロンの尻尾に「X弾」が撃ち込まれてしまった。「X弾」は時限装置付きの爆弾なのである。爆発まで、あと10時間、こともあろうに、ゴーストロンはダイナマイト工場の前で居眠りを始めた。怪獣を移動させなければ未曾有の大惨事が発生する!

引用: Hulu

f:id:martybear:20180711021231j:plain
出典: https://www.omegawatches.jp/

隊員たちが腕時計をのぞき込むシーンに、スピードマスターがスクリーンに映し出されます。ネット上で第8話を発見したので掲載しておきます。該当シーンは、22:30頃からです。

オリジナルのウルトラマンモデルは、Ref. ST145.012-67という型番です。

f:id:martybear:20180711032000j:plain

出典: http://www.moonwatchonly.com/

長い間このオレンジのクロノグラフ針のモデルは、MOD(改造)されたモデルと言われていました。オメガ社も存在を把握しておらず、公式な資料などもしっかりとは残っていなかったようです。数々の調査の結果実際にオメガからリリースされたものであったことが判明しましたが、現在もウルトラマンモデルが公式に何本生産されたのかは分かっていません。ウルトラマンモデルについては、海外サイト「MOONWATCH ONLY」で更に詳細を読むことができます。

公式ページはこちら

f:id:martybear:20180711024252j:plain
予約はサイト内で予約開始から5分以内に予約完了しなければなりませんでした。既に全て完売済みで、今回は2017年モデルよりも遥かに早くわずか1時間53分17秒で完売となったようです。

www.omegawatches.jp

Fratello Watchesに掲載されていた動画もあわせて覧ください。

まとめ

f:id:martybear:20180711034030p:plain

公開から2時間以内ということでオメガスピードマスター限定モデルの人気の高さがうかがえます。大人気モデルでしたが、私は上の写真の通り予約することができました。短時間の間に予約できた秘密をお教えしたいと思います。

皆さんいつもコミュニケーションツールでLINEを使われていると思いますが、オメガの公式アカウントがあるのをご存知でしたか?2018年7月10日現在で友だち数が約4,500人程度とおそらくあまり知られていないのではないかと思います。私がすぐに発表に気づいて予約できたのもこの公式アカウントを友だち追加していたおかげなのです。19時に公式ページに公開されてからおよそ10分後にはLINEの配信がありすぐに通知に気づいてアクセスし予約にこぎつけました。まだ友だちに追加していないという方は来年のスピーディチューズデイのためにも登録しておくと良いかもしれませんよ!

友だち追加はこちらから

f:id:martybear:20180711034534j:plain

※LINE内で検索しても見つけることができます。

実際にウルトラマンモデルを手に入れたらまたレビューなどできればと思います。

仕様

ブランド: Omega (オメガ)
モデル: Speedy Tuesday 2 "Ultraman" (スピーディチューズデー2 "ウルトラマン")
リファレンス番号: 311.32.42.30.01.001
ケースサイズ: ケース径 42mm
ケース素材: ステンレススチール
防水性: 50m(5気圧)

ムーブメント

キャリバー: 1861
パワーリザーブ: 48時間
駆動方式: 手巻き
振動数: 21,600振動/時
石数: 18石

価格

定価: 767,000円(税込)

 

あわせて読みたい

www.thewatchblog.net

www.thewatchblog.net